2010年12月16日

時代は180度こんな風に真逆になる 





今日は20:00から日本No1のマーケッター&コンサルタントの神田昌典さんの生放送を見てた。



その中で神田さんが語ったことというのは、今までのビジネスのあり方やマーケティングのあり方が180度変わってきているということだった。



というのは、今までのビジネスやマーケティングというのは一言で言うと、お客様からお金を奪い取るようなスタイルだったんだよね。極端なこと言うと。




企業が無理やり買わせよう買わせようとしてきた。




営業マンというのは、顧客を無理やりクロージングして商品やサービスを売りつけようとしてきたんだよね。




その最たるものが住宅業界や、訪問販売業界だ^^;






でもそれって冷静に考えて、完全におかしいよね^^;







だってお客様が必要もないものを無理やり買わせてれば、購入した人は当然そんな会社は嫌いになるに決まってる。




ところが、いまだに日本の多くの企業というのは、自社の売り上げをあげて、自分が儲ける為のビジネスをしてる。





経営者は部長に「もっと売れ!」と激を飛ばして、部長は部下に「もっと売れ!」って激を飛ばしている・・・






そこにお客様に価値を提供するという視点をもっている企業がどれだけあるだろうか?










本来ビジネスとは、お客様が求めているものを提供して、その対価として報酬としてのお金をいただく活動だ。






ようやく日本はその文化やビジネス慣習の芽がでてきたところだ。




神田さんはそれを今日は伝えていた。









で、僕は気づいた。





正直に言うと実は僕も未熟だったので以前は、どちらかというと搾取するようなビジネスに浸ってしまった時期がある(涙)


ただ、そういう時期を経て、今は随分と変わってきたと思う。








僕がずっと感じていた違和感というのは、まさにここにあったんだ。






会社員時代に僕がもっとも嫌いだったことは、お客さんが必要としていないような商品やサービスを無理やり売りつけなきゃいけないという企業の体質だった。





それは上場企業でも、ベンチャー企業でもそうだった。






しかも当時の営業研修や、様々な教材で言われていたことというのは、本来は価値が低い商品やサービスを営業話法や見せ方によってお客さんを無理やり説得して売れっていうようなことばかり




それってどう考えてもおかしいようね(怒)







僕がそれが嫌で嫌でしょう〜がなかった。











そして、最近気が付いたんだけど、まずビジネスの大前提をパラダイムシフトする必要があるってことがわかった。





今までの前提というのは企業というのは、売り上げを上げ続けなければならないというパラダイムだったんだよね。


つまり指標というのは売り上げや利益のみだ。







でもその大前提はこれからは、「喜び」と「幸せ」にフォーカスしなきゃいけない時代に変わってくる。

お客様に喜びと幸せを提供する企業

従業員に喜びと幸せを提供する企業

株主に喜びと幸せを提供する企業


そういう企業が高く評価される時代になっていく。




売り上げが大きいとしても、無理やりお客さんに売りつけて、後悔させる企業

売り上げが大きくても従業員は嫌々に仕事してて、鬱にしていく企業

配当だけを考えている株主ばかりの企業



そういう企業は消えていくのは間違いない。






つまりこれからの会社のカタチ自体もまったく違う形態になっていく。




それがわかってくるのは2015年以降になってくる。



今はその過渡期にあるからはっきりとしたカタチではまだ見えてこない。









ただ、旧時代に勝ち組として賞賛された企業がこれからは負け組に転落していく。

もうすでにその兆候はあちこちにでてきているよね。




それは去年からも言っていることなんだけど、象徴的なのはまさにトヨタ自動車なんだ。




次代の変化はその時代のTOPを見ていると象徴としてのシグナルがわかりやすいんだ、それはそういう時代の変化を未来からダウンロードしているからなんだ。



金融のことで言えばリーマンブラザーズが引き金になったようにね。






トヨタは2015年くらいにはかなりの経営危機にまで陥る。




今こんなこと言ってもまたいつものように「あいつは意味不明だ」と思われてしまうんだけど><





でも2007年に過去最高益を連続更新して、GMを抜いて世界一になっていたあの当時に「トヨタはもうすぐこけるよ」
と言っていた時には、さすがにうちの奥さんですらも信じてくれなかったからね^^;






これからの時代はそれくらいに未来って変わっていく。





僕たちの子供たちの世代にはトヨタがなんと言われているかというと


「日本で最も多くのうつ病被害をもたらした会社」「日本でもっとも多くの派遣社員をクビにした会社」ということになっていくのかもしれない。






そして父親たちは仕事については「あの頃はお客さんに必要ないものを無理やり売りつけようとしていた時代だったな〜。今考えるととんでもない悪事だな〜」と振り返っているのかもしれない。





そして子供はこう質問をするだろうと思う

「どうして嫌がられるものを無理やり売っていたの?」と







そして父親たちはこういう
「あの頃は、お金というのは誰かから奪うことだと考えられていたんだ。今考えるととんでもない時代だったね。仕事も会社の為になんでも売って、成績をあげなきゃお給料がもらえなかった時代だったんだよ。恐ろしい時代だね(笑)」








子供「昔の人ってむちゃくちゃだね〜(笑)大人なのにそんなこともわかんなかったのパパ^^仕事って自分の才能を活かして、人の為に喜んでもらうことをして、感謝の気持ちとしてお金をもらうことなのにね」






父親「そうだよね(笑)今の日本はあの頃に比べると随分と分かち合いの心が広がってきたな〜。幸せな時代になったな〜」












未来はそうなる。


だからビジネスのカタチは180度逆になる。



その最たるメディアのカタチがfacebookだ。



そしてその起爆剤となるのはfacebookのいいねボタン。



これが社会を180度変えていく



【参照】







今日も♪ついてる幸運クリック♪ 感謝^^


masamitsu315 at 22:45コメント(5)トラックバック(0)  mixiチェック
成功法則 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 伊藤もとじ   2010年12月17日 12:44
日ごろから拝読させて頂いています。
私もセールスマンだった頃は、根競べのようなセールスをしていましたね・・・(汗)
お客さんが根負けしたら買ってくれるみないな・・・
でも、そのように教育されてきたから、疑問を感じつつも、
これが当たり前の売り方だと刷り込まれてしまっていました。
大谷さんのような考え方が広まると良いですね。
2. Posted by まーくん   2010年12月17日 13:02
もとじさん

僕たちの世代のほとんどの人は同じように”無理やりセールス、無理やり販売”の教育をされてきましたよね^^;

ほんと普通に考えておかしな話ですよね^^;
3. Posted by 片木   2010年12月17日 13:41
5 本当に同感です。元トヨタマンとして。
100年前の大人の男性の8割が第一次産業に従事しており、9割の人たちが自宅で昼食を食べていたそうな。現在は7割以上の人たちが第三次産業に従事して、9割以上の人たちが昼飯を外食している。100年前の人たちが見たら不思議な光景かもしれませんね。
4. Posted by 波濤   2010年12月17日 21:20
はじめまして。

私も客からお金を搾取するようなビジネスはおかしいと思います。
私は以前テレアポの仕事をしていましたが、自身の合理主義的な性格上モチベーションが上がらず、すぐやめました。
社会全体の利益を考えたとき、そうしたものは利益を生み出さないと考えるからですね。

個人的な意見です。
5. Posted by 名古屋の中古車販売会社の社長   2010年12月21日 10:03
ご無沙汰です!
元気に頑張ってますね〜。さすがです。
またいろいろと教えてください。
一言だけ…
「マーケティング」と「マーチャンダイジング」の差じゃないんですかねぇ?
世界の潮流はおしなべて「マーチャンダイジング」。先進国の中でいまだにメーカー主導の「マーケティング」の発想の国は日本くらいなもの…。
言うとおり、このままでは日本はどんどん世界水準に引き離されていきます。日本の競争力は世界で既に27位まで低下しているとも言います。
かなり「リアル」な世界で過ご(仕事を)しているワタクシからみるとそんな風に感じました。
メンタルな部分でもそうですが、リアルな経済活動でも現実が証明されてきている気がしますね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
メールマガジン
ブログでは決して言えない・・・
【ぶっちゃけメールマガジン】

凡人が人生を変えていくまでに体験する7つのSTEP
お名前
E-Mail ※
ブログミッション
Profile

大谷正光

蠎己実現 代表取締役
「凡人でも必ず成幸できる!」
そんなことを僕の人生を通じてたくさんの人に伝えていこうと日々成長し、失敗し、また前進していく不器用な男の”かっこわるい成幸日記”


小説や映画、成功本では決して語られることのない成幸のリアルスーリーをお届けします

アーカイブ