2006年12月30日

日本の正月はどこへ・・・

今日から正月休みモード突入

妻とあれこれこの正月の過ごし方をスケジューリングした。


今年は長男もだいぶいろんなことが分かるようになってきたので、テーマは
「昔ながらのお正月^^」に決めた。

おせち料理を食べて、カルタして、凧揚げして、駒で遊んで・・・
って感じで企画してみた。


午後から早速 食材を買出しに出かけた。

私は就職してからは、これまで正月はずーっと仕事だったのでこの時期にスーパーに行くのは10年ぶりだった^^

そこで私は衝撃を受けた!

なんとおせち料理の食材が、すべて惣菜としていろいろ置いてあったのだ(驚)

当たり前と言えば当たり前なんだけど^^


私が子どもの頃は、佃煮一品にしても母親が前日から煮込んで、赤飯の用意をして、昆布巻きも作って・・・・

母は祖母と一日中おせちを作ってた。


ところが今はそのおせち料理の一品一品はなんでもパックで出来上がってて、母たちはそれを箱に盛り付けるだけ・・・

「便利だなー」と思ったと同時に「昔はこれを全部家庭でやってたんだよなー」と昔の親たちに感心した。

そして、そんな風景がどんどん減っていく社会に寂しさを感じた。


その後 カルタと凧を買おうとユニーの店内を探したけど素朴な疑問が・・・

「カルタと凧ってどこで売ってんだ?」

おもちゃ売り場にはないし、雑貨でもない、もちろん家具でもない・・・


そもそもお店が推奨品としてPR陳列してないのだー!!(泣)

「昔はこの時期探さなくても、どこでも見かけたのに・・・」


探し回ったら、なんと書店にあった^−^


「カルタと凧を探し回らないといけない時代なのか・・・」




子供たちが大きくなる頃には、まったく違った正月の文化ができているんだろうなー


masamitsu315 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
メールマガジン
ブログでは決して言えない・・・
【ぶっちゃけメールマガジン】

凡人が人生を変えていくまでに体験する7つのSTEP
お名前
E-Mail ※
ブログミッション
Profile

大谷正光

蠎己実現 代表取締役
「凡人でも必ず成幸できる!」
そんなことを僕の人生を通じてたくさんの人に伝えていこうと日々成長し、失敗し、また前進していく不器用な男の”かっこわるい成幸日記”


小説や映画、成功本では決して語られることのない成幸のリアルスーリーをお届けします

アーカイブ