2006年11月24日

最近のいじめ事件で思うこと

今日もまた高校生の自殺が・・・

連日このような事件が起こっている。
本当に怒りと悲しみがこみ上げてくる

これも時代の必然なのだろうか?
神田昌典氏の予測通りなのか?

「血を見ることで自己の存在を確認する若者の増加」ということが・・・

 私も親としてこれはほっとけない!
でも最近思うのは「家庭さえしっかり見守ってあげていれば」ということ

 結局自殺にまで追い込まれるのは相談できる人がいなくて、自分の存在意義をかんじられなくなっちゃったからではないのか。

 日頃から何でも話し合えるコミュニケーションを両親からとっていれば・・・

しかし親のそういう能力や関心自体が減ってきているように思う。

収入の減少や社会環境の変化、ITの普及などによって。

時代の変化の必然で彼らは犠牲になっているのか?

今こそ親への教育が必要だと思う。
私のように育てられてきた子供たちを救わなきゃ!

なんとかしなきゃ!



masamitsu315 at 12:50コメント(2)トラックバック(0)  mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ナカジー   2006年11月24日 16:43
マイミクさんとしていつも読ませてもらってます。お世話になってます。

自殺の話題最近ホント多いですよね。
私も過去にちょっとしたいじめにあったことが
ありますよ。 中学生のときでしたが、当時
人見知りが激しく、そんなににぎやかな性格ではなかった事が原因なのか、辛い時がありました。 今は色んな友達や周りの人に支えられているのと、性格もだいぶ変わったところがあり、以前のようではなくなったんですがね。

私の過去の経験から言うとやはり、相談相手
がいないというのが、一番辛いですね。

私も親にもなかなか言えなかった記憶があります。

ただ、私が1つだけ違ったことはどんな状況であっても、決して諦めなった事。

2. Posted by まーくん   2006年11月25日 01:35
なかじーさんにもそんな体験があったのですねー。
 私の場合は親には絶対頼りたくないという想いがあったので、いじめはありませんでしたが 逆に相談も何もしませんでした。

 というより見捨てられていると思っていました。

 親や学校さえもあてにできない現代は本当に子供たちだけではなく大人にとっても生き辛い時代ですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
メールマガジン
ブログでは決して言えない・・・
【ぶっちゃけメールマガジン】

凡人が人生を変えていくまでに体験する7つのSTEP
お名前
E-Mail ※
ブログミッション
Profile

大谷正光

蠎己実現 代表取締役
「凡人でも必ず成幸できる!」
そんなことを僕の人生を通じてたくさんの人に伝えていこうと日々成長し、失敗し、また前進していく不器用な男の”かっこわるい成幸日記”


小説や映画、成功本では決して語られることのない成幸のリアルスーリーをお届けします

アーカイブ