]

2007年01月10日

化粧品のコンサルって(難)女性の方必見

年末にひょんなことから引き受けてしまった化粧品のコンサル

まったく予期せぬとこからの依頼で、うっかり二つ返事で受けちゃった(泣)

めっちゃ忙しいということも忘れて(汗)(←というより自分で忙しくしてるくせに)

ありきたりな話なんだけど、「年末に1週間近くも休みがあるうちに出来るだろう」なーんて甘い考えでいた。

そしたら、妻は「どっか連れてけー!」ってオーラ出してるし、子供は「パパー♪あそぼー♪」ってかわいい笑顔でくっついてくるし。


そりゃー家庭を何より大切にする私は家庭をとっちゃう(笑)ぶっちゃけ^^


そんなこんなで7日からは手をつけようと思ってたら、いきなり風邪ひいちゃうし(泣)  (↑これも自業自得。雪の中でジョギングしたバカな私!)


ということで実質やっと今日資料を頭に詰め込み(泣)


しかしここで問題が・・・


いろんな商品やお店のマーケティングを考えるときがあるけど、実は私個人的には「化粧品だけは参入しちゃいかんよなー」なんて前から思ってた。


それはなんせ競合他社の多さ!!


ありとあらゆるメーカーが大小乱立!


しかもどこも自分のとこが最高だ!みたいなこと説明してる(笑)

さらに市場調査では化粧品選択の基準の8割がブランドイメージ重視^0^
(私が引き受けたのはまったく無名のメーカー)






そこでこの路線は捨てようということにした。


ちょっとリサーチはしてみるけど、基本戦略はそういう「うちの商品はとっても素晴らしい!」をはずして、


「化粧品の常識7つの間違い!」とか
「誰も知らないとっても危険な化粧品の裏の裏・・・」とか
「化粧品できれいになる人老けちゃう人」とか

決して売り込まずに、消費者にとって本当に役に立つような正しい情報提供をコンセプトにしようかと考えた。


そしてあれこれ調べれば調べるほど、私自身が「いったいどれがいいんだー!!」ということになってしまった(泣)

そんな浅はかな知識じゃ消費者に伝わっちゃうしねー


そもそも今回気軽にセールスレターまでを請け負っちゃったことに問題が(泣)
(言い訳すんなー)

しかも女性用の商品の扱いは正直言って経験値低



ということでこの路線もボツにしようか・・・



女性のあなた^^あなたなら化粧品を別の商品に変えようと思った瞬間はどんなときがありましたか?ぜひご意見を!


ちなみに商品は35歳〜45歳女性をメインターゲットにした、アンチェイジング基礎化粧品(アンチェイジング=老化防止)
これをHPと雑誌広告による通販。


追伸
明日以降は私が調べた化粧品のこといろいろをまとめていきます。女性の方こうご期待ください!

予定は・・・
「どうしてこんなに化粧品って沢山あるの?」

「一体どれが一番いいの?」

「高い化粧品がいいって嘘?!」

「クレオパトラがしていた古代美容整形!?」

「ちょっとまってその洗顔!!大間違い!!」

「大手メーカーの甘ーい罠とは・・・」

「セレブの間で流行している数百万円の最新美容法とは?」

「20歳の頃のプルプルお肌で、もし懐かしの彼に会いに行けたなら・・・」

なんていうのをざっくり今考えました(笑)

この通りにはならないとは思いますが、とりあえずネタは書いていきますよー。

楽しみにしててくださいねー^0^


「おおっと私ももう寝なきゃお肌が・・・」
(きょうは病み上がりでちょっと頭がどうもおかしくて 笑)

化粧品のコンサルって(難)女性の方必見
masamitsu315 at 01:23コメント(7)トラックバック(0)  mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
マーケティング 

2007年01月08日

風邪・・・

昨日の朝いつものようにジョギングしてたら雪がチラホラ

めっちゃ寒い中走った。

いつも2キロ位しか走らないけど、なぜか昨日は体力があって3キロ走って汗も結構かいた。


そしたらやっぱり風邪ひいたー(泣)


今の風邪は胃腸にダメージが・・・

皆さん気をつけてください

おやすみなさい

ゴホッ



風邪・・・
masamitsu315 at 19:01コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2007年01月05日

有名人の成り上がりを感じる

昨日実践マーケッターの神田昌典氏のマーケティングノウハウDVDを見た。

知らない人へ
神田昌典と言えば、ビジネス界では「日本のTOPコンサルタント100人」の中でもおそらく本当のTOPの部類に入る方。
それまでのマーケティングを根底から覆した伝説のコンサルタント
著書は累計100万部を超え、出す本はすべてベストセラー

神田昌典の情報はこちら 

友人にもらった教材で5年前のセミナーDVDで、さすがに内容はやや古い。


新聞広告とかチラシとかの効果的な方法で、ネットについてはまだ全然広がっていない頃だから

でも当時は最先端の集客ノウハウが凝縮。
今でもその基本はどんなビジネスでも通用するものがある。


このDVDは神田氏が「あなたの会社が90日で儲かる!」という本がベストセラーとなって、一気にブレイクした頃のセミナー。

だからまだ今ほどBigな存在ではなくて、やや注目を浴び始めた頃。


今でこそ彼のセミナーや講演会では5000人を超える参加者があつまり、あのトニーブザンとのコラボレーションもあるほどだけど、デビューしたての頃は やっぱり普通っぽい^^


(私がこんなこというのはまだまだ早いけど)


最近の彼のセミナーだと、ゴージャスなホテルの会場だったら大きなホールだったりするけど、このDVDのときはまだ どこかの施設っていう感じ。


「神田さんでもこういう時代があったんだー」なんて思った。^^


それからたった5年。


数十冊の著書も出し、フォトリーディング、成功法則、春夏秋冬理論、マインドマップ、演劇、小説・・・・

とその活動の範囲を大きく広げ、その交友範囲は幅広く、世界の超一流の成功者とビジネスをしてる


それに彼のすごいところは、コンサルしたクライアントの中からも多くの億万長者を輩出しているとこ


彼の最新刊(あなたの悩みが世界を救う)の中で印象に残った一言が
「芋虫は自分が食べる葉っぱを捜すので精一杯だけど、蝶は花粉を運びいろんなところで花を咲かすことが出来る」


とっても素敵な一文だなーと思った。


そのほかにも数々の気づきを与えてくれる。


運気の流れや人間の成長の法則、人間関係で起こること、時代の流れ・・・


あるビジネスCDの中で彼は語っていた。
「自分の前世が分かったとき、自分がどう生きていけばよいのか明確になった」と


おそらく時代を創った人間の一人だったのではないかと思う。


でもそんな人でもほんの数年前までは、サラリーマンとしてリストラ寸前となりしょうがなく独立して結果として、大成功してる。


人にはブレイクする瞬間があるらしい。
それは常に自分を磨き、高い目標へ向けて努力した人にだけ訪れるという。


ありきたりだけど、それを実際に体験して証明し、デビューしたての彼を見て本当なんだなーと改めて感じた。


私もそんな勇気を与えることができる人間になりたい!
だから5年後「凡人の自己実現」を出版したい!












有名人の成り上がりを感じる
masamitsu315 at 21:08コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
マーケティング 
メールマガジン
ブログでは決して言えない・・・
【ぶっちゃけメールマガジン】

凡人が人生を変えていくまでに体験する7つのSTEP
お名前
E-Mail ※
ブログミッション
Profile

大谷正光

蠎己実現 代表取締役
「凡人でも必ず成幸できる!」
そんなことを僕の人生を通じてたくさんの人に伝えていこうと日々成長し、失敗し、また前進していく不器用な男の”かっこわるい成幸日記”


小説や映画、成功本では決して語られることのない成幸のリアルスーリーをお届けします

アーカイブ