]

2006年12月07日

ミッドランドスクエアが発表!!

今日の新聞で名古屋のミッドランドスクエアの商業施設内容が載っていた。


コンセプトはゴージャス&リッチという感じ


東京でいうと六本木ヒルズに近い感じになるんじゃないかな^^


なにせトヨタの社員3000人が入居するオフィスだもんね。


商業施設にはなんと日本料理の頂点「吉兆」も名古屋発登場!

私の聞いた話では吉兆の会席料理は最低10万だというが・・・(驚)


グローバルな商談なんかが多いだろうからうなずける。


またファッションでは「ヴィトン」はもちろん「カルティエ」「ロエベ」そして他にも「バカラ」なんかも・・・


とにかく一流の店が勢ぞろい!


近辺の店にも影響はもちろんあるだろうねー


ここから私の予想

ふざけた女子高生が多く集まる
「チョーいけてるよねー」

あこがれる
「いいじゃん!」

とても買えない
「高っけーなー!」

でも欲しいものいっぱい
「チョー欲しくない?」

ほんの一部の金持ち高校生がこういうライフスタイルをする
「彼氏に買ってもらったー」

一般のふざけた女子高校生についに火がつく(笑)
「ありえん!私もああなりたいの!」

金持ち彼氏を探し始めるor稼げるバイト
「なにかねーかよ!」

上手くいかずネットへ



そして援助交際、怪しい儲け話などの被害に・・・・なりかねないのでは(笑)


半分冗談だけど、半分は予想。


こういう日常のひとつの物事の変化によって影響を受ける、変化の先を考えるいいトレーニング。


そしてこれを自分の今の環境に結び付けてみると・・・・・



援助交際希望の女子高生が増加して相場が下がる!ここがチャンス!←「なんでやねん!(笑)


まあバカな話はほどほどにして・・・・


でも格差が大きくなっていることを名古屋市民は痛感すると思う。

ミッドランドスクエアが発表!!
masamitsu315 at 18:43コメント(2)トラックバック(0)  mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2006年12月06日

今まで気づかなかった・・・

最近立て続けに年下でめちゃくちゃ稼いでる人に会う。

セミリタイヤしている人も平気でいるのだー!ほんまに


そういう人の周りにはまたまたセミリタイヤーが沢山いる。(驚)


私も今まではそういう人はほんのひとぎにりで、スーパーな人たちだと思っていた。


そこまではいけなくても年収1500万は人生で達成したいとがむしゃらに努力してきたけど実はそういう人達はとっても効率的な稼ぎ方をしていることに気がついた。


私はとことん親父の洗脳を受けていたことを痛感しちゃう(泣)


「仕事はこつこつこつこつと努力するもんだ。お金は堅実に貯金して無駄使いはしちゃいけない。苦しんだ分だけ豊かになるんだ」


なんてことを小さい頃から言われてきたから・・・


確かに解釈によっては正しい部分もあるとは思うんだけど、大切なのは努力の方向性だったということに気がついた。


彼らは会うといたって普通の青年だったりする。←読んでたら失礼^−^


でもめちゃくちゃ知識はある。それに常に学んでいる。←フォローフォロー^^


普通の会社員が一生かかっても得られないほどの知識を20代にして持っている


私が上場企業の最年少店長になって浮かれていたことがほんとに恥ずかしく思える。
あの時私は同年代では誰にも負けないと考えていたけど、それは「会社員の中で」っていうだけのことだった


ほんとにすごい連中は全然違うところにいたのだー!

そりゃみつからんわ!っちゅー感じ(泣)


でもおかげで今までのパラダイムをかなり抜けることができてきたと思う。


感謝感謝。

今まで気づかなかった・・・
masamitsu315 at 18:52コメント(3)トラックバック(0)  mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2006年12月05日

男女の脳の違い

昨日自分でも分かっていながらやってしまった


というのは・・・


妻にきついことを言っちゃった。(泣)


2人目の子供が生まれて妻が部屋の模様変えをしたいと言い始めたのであれこれと配置変えしようということに。


妻は模様変えがとっても大好きなのだ(いい迷惑な私^^)


でも私はやりたい仕事が沢山残っていたのでさっさと終わせたい気持ちでいっぱい。

「しゃーないなー」←心の中でこっそり


だけどこういうことは、女性心理としては一緒に作り上げたいものだというのは重々承知していたので、頑張っていたのだ。


「あーこれはやっぱここがいいなー」


「でもやっぱり元にもどそうか」


「うーんでもやっぱりさっきのほうがいいなー」


あれこれと慎重に検討するのも女性脳であることも理解していた・・・


「ちょっとー これやっぱり元にもどそう」と妻が言ったところで・・・



「ええかげんにせんかい!」と冷たく言い放ってしまった


普段なら一緒に楽しく協力するんだけど、昨日はダメだった


これも男性脳の特性を考えるとしょうがないと自分なりに反省することに。




女性の方に言い訳^^



男性は太古から獲物を採ることで生きてきたのはご存知でしょう


つまり男性は獲物を捕まえようとしているときは死ぬか生きるかだった

慎重に獲物に忍び寄り飛びかかる。

その時に「あなたーちょっとてつだってー」と声をかけたとしたら・・・


原始人でも「ウォー」って怒ると思う←たぶん(笑)




逆に女性はほら穴で他の家族と共同で集落を形成していた

そして人との繋がりを大切にすることで、種族の反映を守っていた。
いつ獣に襲われるかわかんないから守ってほしいと思うし。


だからいつも男性と繋がっていたいと思うようになっている。


女性が「一緒に手伝ってー」と言っているとき「めんどくせーなー」なんて言っちゃうと・・・

原始人でも「キヤー!あなたは私なんてきらいなんだわ」って言うと思う←ほんまかいな(笑)



大谷っちの教訓

男性が獲物を本気で狙っているときは、静かに見守ってあげること。
そして採れた獲物をすごく喜んであげること


決して「こんなちっちゃな獲物じゃん」なんて言ってはいけません!(笑)




女性が助けを求めているときは、ちゃんと手伝ってあげること。
そして一緒に喜びを分かち合うこと


決して「めんどくせーなー」なんて言ってはいけません(笑)


男女の脳の違い
masamitsu315 at 19:27コメント(1)トラックバック(0)  mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
メールマガジン
ブログでは決して言えない・・・
【ぶっちゃけメールマガジン】

凡人が人生を変えていくまでに体験する7つのSTEP
お名前
E-Mail ※
ブログミッション
Profile
アーカイブ